トップへ » 診療科目と料金 » インプラント

インプラントって何が良いの?

インプラント

例えば、自然の歯に近い感覚で食事ができようになります
事故や病、加齢などによって歯を失ってしまった時、従来は、「入れ歯」「ブリッジ」「差し歯」といった方法で補うのが通常でした。しかし、それらには「噛み心地の違和感」「見た目の不自然さ」「強度」といったマイナス面があったことから、新しく開発されたのが「インプラント」という治療法です。

インプラントは、従来の方法に比べて、「最も自然の歯に近い人工の歯」を入れられる方法です。もともとの自分の歯に近い快適さと美しさを取り戻すことができ、食事も美味しく食べられます。健康と美容のためにも、インプラント治療を考えてみてはいかがでしょうか。

Return your teeth close to as good as they looked naturally, while still being able to eat almost whatever you like.

メリット・デメリットについて

個々に適した治療法を選択することが大切です
インプラント治療総合的に考えるとインプラントのメリットは非常に大きく、とてもおすすめな治療法です。しかし、個々の口腔内の状態によっては、適合しないケースもありますし、デメリットもゼロではありません。従来の方法も視野に入れ、メリット・デメリットを良く考えた上で、ご自身に適した治療法を見つけましょう。

<メリット>
1.自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができるので、食べ物の味や感触がよくわかります。
2.周りの歯を傷つけません。
3.見た目は自分の歯とほとんど同じように、綺麗に仕上がります。
4.インプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐといわれています。

<デメリット>
1.インプラント治療は外科手術が必要です。
2.インプラント治療は現在、保険制度がないため、自由診療となる分、費用がかかります。
3.インプラント治療は、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病・糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は治療が制限されることがあります。
4.インプラント治療は、上顎で約3ヶ月、下顎で約2ヶ月の治療期間を必要とします。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ1.カウンセリング
インプラント治療に関しての説明を丁寧に行います。ご不明な点などなんでも気軽にご相談ください。

次へ
インプラント治療の流れ2.検査
これまでの病歴や健康状態の問診を行い、その後レントゲン撮影、歯型の採取を行います。

次へ
インプラント治療の流れ3.診断
検査結果に基いて、手術の手順や方法の説明を行います。(もし手術に適さない状態の場合はインプラント治療をお断りすることもございます。その際は他の治療法をご提示いたします。)

次へ
インプラント治療の流れ4.手術
1ピースタイプ(インプラントとアバットメントが一体化したタイプ)の場合は1回、2ピースタイプ(インプラントとアバットメントを連結するタイプ)の場合は2回手術を行います。

次へ
インプラント治療の流れ5.上部構造取り付け・メンテナンス
インプラントに人工歯を取り付けます。治療後も経過観察やメンテナンスを引き続き行う必要がありますので、通院いただきます。


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント


PAGE TOP