トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科

大人と子どもで診療に求められる知識と技術は違います

小児歯科

小児歯科治療で重要なのは、大人よりも狭い口腔内で、永久歯よりも小さくて、もろい乳歯を治療する技術であったり、じっとしていられなくて動いてしまう場合への臨機応変な対応や対処など、大人に対する場合とは似て否なりの技術や知識です。

また、無理に治療を行うことで「歯医者嫌い」にしてしまうことは厳禁ですので、当院では、将来のことも考慮して、嫌がる子どもさんを無理に治療することはありません。

低学年までは、「誰の言うことなら受け入れるのか」を見極めて、子ども自身が一目置く人(ご両親や医師など)が子どもさんと目線を合わせて話をし、本人が納得して治療を受け入れられるよう、時間をかけて説得することが大切だと考えます。

そして、お子さまの虫歯治療では、歯面清掃後にフッ素コーティングをしたり、歯科専用のキシリトール製品(ガムやタブレットなど)を処方するといった方法で「予防」にも力を入れています。

Yasuhiro Clinic takes the future of a child patient into consideration and doesn't force treatments on children who don't want them.


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科


PAGE TOP