トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療

日本人の成人80%が歯周病にかかっています

歯周病

歯周病は、進行すると歯を失ってしまうこともある病気です。悪化して自覚症状が出るまでは、「自分には関係のない話だ」と思っていた患者さまも多いのですが、実は「約8割の日本の成人が歯周病にかかっている」という事実もあるのです。

自覚症状がないまま、症状は悪化していきます
歯周病の主な原因のひとつは、口の中の細菌が歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで増殖してしまうことです。細菌が繁殖することで歯肉に炎症がおこり、歯肉の内部や歯を支える骨にまで影響が広がっていくのです。

歯周病が怖いのは、初期段階では自覚症状がほとんどないことであり、歯がぐらついたり、歯ぐきに痛みを感じる頃には、すでにかなり悪化しています。悪化させないためには、早期発見・早期治療が重要なので、自覚症状がない方も、数ヶ月に一度は歯科検診を受けることをおすすめします。

Early detection and treatment are important, but because not all symptoms are noticeable we recommend a dental inspection once every few months.

「ぐらつく歯でも抜かずに保存治療」が方針

歯周病治療当院では、歯周病治療用の歯みがきによって、歯周病の原因となる歯石と歯垢を完全に取り除き、ぐらつく歯も抜かずに保存することを目指しています。それを実現するための具体的な治療法としては、レーザー治療、歯周病薬などがあります。

レーザー治療には、ezlaseTMという半導体レーザーを使用します。ezlazeTMは、歯科領域初の新波長940nmによって、根管内消毒、歯周病、歯内療法、小帯切除などの治療に威力を発揮する優れものです。

また、歯面に沈着したプラークや歯石などを除去するスケーリング (Tooth scaling) は、院長自らが丁寧に行いますので、安心してお任せください。

Toothpaste formulated for gum disease is used to completely remove dental plaque and tartar, saving teeth that have become wobbly.


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療


PAGE TOP