トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療

大切な歯だから、抜かずに残したい!

根管治療

虫歯が神経にまで達してしまった場合、そのまま放置してしまうと抜歯するしかなくなるケースが多くなります。そういった症状の際に、抜歯することなく歯を残す治療が「根管治療」です。当院では、この根管治療に力を入れ、できるだけ抜かずに、歯を残すための治療を心がけています。

Behind all our root canal work is our ethos of doing all we can "to leave the patient's teeth intact." Therefore, we try to avoid removing teeth at all costs.


「根管治療」とは
歯の神経を取り除いた後、歯の根をキレイに洗浄・殺菌することで、歯の維持につなげていく治療が「根管治療」です。

<根管治療が有効な症状>
●虫歯が悪化して「歯を抜くしかない」と言われた方
●歯の神経を抜いたのに痛みが取れない方や、歯ぐきが腫れる方
●歯の根の治療をしているのに、痛みが再発してしまう方

根管治療の重要性

根管治療根管は、建物で言えば「基礎/基盤」にあたるものなので、歯を健康で長持ちさせるためには適切な治療を行う必要があります。根管治療が不十分なまま被せ物で外側を修復しても、後々に根の先端が化膿して歯を失うことになってしまったり、 再治療が必要になってしまいます。

保険治療でもマイクロスコープを使用

根管治療根管治療が不十分な状態というのは、薬液が根管の先まで詰められていない状態や、治療跡が根の先から飛び出てしまっている状態です。その原因は、「見えないところを手先の感覚や経験だけを頼りに治療するしかなったこと」によるものでした。

ですが、マイクロスコープを使用することにより、根管の中まで見える状態で確実な治療を行うことが可能となっています。 ただ、歯科先進国のアメリカでは、マイクロスコープを用いた治療が義務付けられているのですが、日本ではまだ、義務付けられてはいないのが現状です。

マイクロスコープなどの精密機械は非常に高価なため、多くの医院ではマイクロスコープによる治療は自費治療になっていて、保険治療の対象外です。ですが当院では、マイクロスコープを使った根管治療も保険治療で行っています。

これは、「大切な治療だからこそ、差別なく、患者さますべてを平等に治療したい」という思いから実施しています。安全で確実な根管治療をご希望の方は、ぜひ当院にご来院ください。

We perform root canal work using a microscope, giving us a full view of the patient's dental condition and assuring the patient the most appropriate and effective treatment.
Microscope-assisted root canal work is one of the services we offer that is covered by medical insurance.
Dental treatment is of great importance, and in recognition of that we provide every patient with the very best treatment - no exceptions.


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療


PAGE TOP