トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科 » 痛みの少ない治療のために

痛みの少ない治療のために

一般歯科当院では、最新機器の利用や東洋医学の知識など、さまざまな工夫によって、丁寧で無痛的な治療を心がけています。

表面麻酔で、「麻酔の痛み」自体も軽減
歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔の時は表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行なう麻酔法のこと。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」をできるだけ減らすことができます。

The anesthesia used is surface anesthesia, reducing even whatever discomfort might be associated with the use of the anesthetic itself.


電動麻酔で麻酔薬の注入速度をコントロール
麻酔の針のささる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みがあります。その痛みは、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置をつかって、ゆっくりと麻酔注入。 麻酔を入れる時の、痛み・不快感を抑えています。

Any pain or discomfort from the application of the anesthetic is considerably reduced.


中国針の心得や様々なリラックス方法も活用
当院の院長には中国針の心得があり、針を打つポイントは「ツボ」と関係していますので、痛みを軽減させる技術力にも長けています。さらには、クニャッとした柔らかいぬいぐるみを握ってもらうことで、針を刺す時に体に余計な力が入らないリラックス状態にするなど、様々な工夫を行っています。

When receiving acupuncture, the patient is given a soft toy or the like to squeeze, ensuring that the body itself is relaxed at the time the needle is inserted.


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科 » 痛みの少ない治療のために


PAGE TOP