トップへ » 診療科目と料金 » 矯正治療 » 目立ちにくい矯正装置

目立ちにくい矯正装置

人目が気にならないから大人の矯正にはもってこい!目立ちにくい矯正装置
歯列矯正とは、「歯に適切な負荷をかけて、正しい位置に移動させること」です。過剰な負荷をかけると、過度な痛みや不快感が生じてしまいますので、そういったことを防いで無理なく矯正するためには、ある程度の時間(期間)が必要です。

そのため、仕事で人に会う機会の多い方や接客業の方などは、「大人になってからの矯正治療は難しい...」と躊躇していまうことが多いかもしれません。ですが、「目立たない矯正装置」を使用すれば、どなたでも気兼ねなく矯正を始められ、美しい歯列を手に入れることが可能になります。

透明ブラケット
目立ちにくい矯正装置従来は、全体が金属で作られたメタルタイプが中心だったため、「矯正器具はギラギラしていて目立つ」という印象を持っている方が多いと思います。しかし、「透明ブラケット」は、金属が用いられているのは一部分のみ(目立たないワイヤー部分)で、ブラケット部は透明になっています。

透明ブラケットの素材には、プラスチックやセラミックが用いられ、歯になじみ、通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。また、ワイヤー部はメタルタイプと同様なので矯正力は維持され、従来のメタルタイプと変わらない、高い効果が期待できます。


トップへ » 診療科目と料金 » 矯正治療 » 目立ちにくい矯正装置


PAGE TOP