トップへ » 診療科目と料金 » 顎関節症 » 当院は顎関節の治療にレーザーを使用します

当院は顎関節の治療にレーザーを使用します

様々な原因によって生じる顎関節症や噛み合わせの悪さは、日々の生活に支障が出ることが多いので、薬物療法で痛みを和らげる場合もあります。また、手術を行うような場合もあれば、手術を行わず咬合調整のような簡単な治療で治る場合もあります。

当院では、噛み合わせのバランスが悪くて、一部の歯に必要以上の負担がかかってしまっている状態においては、歯を最小限に削ることによって噛み合わせを調整する「咬合調整治療」に対応しています。その際に威力を発揮するのが高性能なレーザー機器です。

レーザー●ウォーターレーズMD
当院では、米国で最も注目されている最新レーザー「ウォーターレーズMD」を使用しています。これは、レーザーによって加速された水(ウォータージェット)で切削・切除を行う新しいタイプのレーザーで、熱侵害を与えることなく、あらゆる生態組織の切削・切除を、正確かつ安全に行うことが可能です。

レーザー●炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは、出力波長が水に吸収されやすいことから、生体組織を扱う外科手術でも「レーザーメス」として用いられています。血液の凝固作用を持つことから、歯科治療では主に、歯肉切開、口腔内殺菌や凝血といった軟組織治療に用いられています。

この炭酸ガスレーザーの特徴を最大限に引き出すには、照射エネルギーのロスを抑え、エネルギー密度を高めて照射できることが必須。

当院で導入している炭酸ガスレーザーでは、極小の焦点スポットと高エネルギー密度の照射によって低侵襲治療(MI)を実現。シャープな切開・切除を可能にし、より緻密でハイクオリティーな処置を行っています。


トップへ » 診療科目と料金 » 顎関節症 » 当院は顎関節の治療にレーザーを使用します


PAGE TOP