トップへ » 院内ツアー » 3Dパノラマレントゲン

3Dパノラマレントゲン

3Dパノラマレントゲン口腔内は狭くて複雑な構造になっているため、2次元のレントゲンだけでは「陰になる部分」が生じて、全体を確認することは非常に困難です。そこで当院では、歯科用CT(3Dパノラマレントゲン)を導入しています。

これによって、正確で歪みのない高解像度3D画像撮影が広範囲(パノラマ)において可能となり、高度歯科治療(インプラント等)や根管治療、歯周疾患などにおいて、より精度の高い診査・診断が可能となっています。

さらに、エックス線の照射時間と撮影領域は必要最小限に抑えていますので、安心して治療を受けていただけます。


トップへ » 院内ツアー » 3Dパノラマレントゲン


PAGE TOP