トップへ » 院内ツアー » 炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー炭酸ガスレーザーは、出力波長が水に吸収されやすいことから、生体生体組織を扱う外科手術でも「レーザーメス」として用いられています。血液の凝固作用を持つことから、歯科治療では主に、歯肉切開、口腔内殺菌や凝血といった軟組織治療に用いられています。

この炭酸ガスレーザーの特徴を最大限に引き出すには、照射エネルギーのロスを抑え、エネルギー密度を高めて照射できることが必須になります。

当院で導入している炭酸ガスレーザーでは、極小の焦点スポットと高エネルギー密度の照射によって低侵襲治療(MI)を可能にします。シャープな切開・切除ができることで、より緻密でハイクオリティーな処置を行っています。


トップへ » 院内ツアー » 炭酸ガスレーザー


PAGE TOP