虫歯・歯周病治療|錦糸町(墨田区)の歯医者ならヤスヒロ歯科クリニックへ

錦糸町(墨田区)の歯医者│ヤスヒロ歯科クリニック

虫歯・歯周病治療|錦糸町(墨田区)の歯医者ならヤスヒロ歯科クリニックへ

電話受付

         

9:30~13:00 / 14:00~19:00 (土祝…17:00まで) ※木/日 休診

0356105080

お問い合わせ

虫歯・歯周病治療

痛みの少ない虫歯治療

痛みの少ない虫歯治療

治療を始める前に口腔内の写真を撮影し、画像をお見せしながら必要な治療について説明します。特に、まだ痛みの実感がなく、鏡で見ただけでは陰になっていて見えない奥歯に患部がある場合などには、写真でお見せすることで患者さまに理解していただいております。
毎回、写真で患部のビジュアルを見せながら治療の説明をし、患者さまにご納得いただいてから治療を始めるようにしています。

当院では、最新機器の利用や東洋医学の知識など、さまざまな工夫によって、丁寧で無痛的な治療を心がけています。

表面麻酔と電動麻酔で痛みを軽減

表面麻酔と電動麻酔で痛みを軽減

歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔の時は表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。
しかし、麻酔の針のささる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みがあります。「電動麻酔」とよばれる特殊な装置を使い、ゆっくりと麻酔を注入することで、麻酔を入れる時の痛みや不快感を抑えています。
また、針を打つポイントは「ツボ」と関係しています。中国針の心得を持った院長による麻酔技術や、リラックス方法を活用して、痛みを軽減する工夫を行っています。

できるだけ抜かない、削る場所は最小限に抑えた治療

できるだけ抜かない、削る場所は最小限に抑えた治療

虫歯が進行してしまうと削らざるを得なくなりますが、一度削ってしまった歯は、決して元通りに再生しませんので、削る部分はなるべく最小限に抑えています。また、削ることのダメージはケースバイケースですので個々の患部に最適な判断をし、削る場合には、噛み合わせもしっかり考慮します。
虫歯が進行してしまうと大きく削ったり抜いたりしなければ治療が難しいケースも多くなりますので、健康な歯を守るためには「少しでも早い治療」が大切です。少しでも異変を感じたら、できるだけ早めに受診されることをおすすめします。

疼痛を抑えて、治りを早める処置

抜歯後にコラーゲンを注入し、レーザーを当てて偽膜をつくることで疼痛(とうつう)を抑え、治りを早める処置も行っています。さらには、メディフュージ(遠心分離器)を使って血液の塊を作り、歯や骨の育成を促す方法(CGF)もあります。
※自費治療になります

歯を残すための根管治療

虫歯が神経にまで達してしまった場合、そのまま放置してしまうと抜歯するしかなくなるケースが多くなります。
そういった症状の際に、抜歯することなく歯を残す治療が「根管治療」です。
歯の神経を取り除いた後、歯の根をキレイに洗浄・殺菌することで、歯の維持につなげます。

「虫歯が悪化して抜歯しかないと言われた」「歯の神経を抜いたのに痛みが取れない」「歯の根の治療をしているのに痛みが再発する」
…そんな方はぜひご相談ください。当院では、根管治療に力を入れた、できるだけ抜かない歯を残すための治療を心がけています。

根管治療の重要性

根管は、建物で言えば「基礎/基盤」にあたるものなので、歯を健康で長持ちさせるためには適切な治療を行う必要があります。根管治療が不十分なまま被せ物で外側を修復しても、後々に根の先端が化膿して歯を失うことになってしまったり、 再治療が必要になってしまいます。

肉眼では見えない部分をしっかり確認・判断
肉眼では見えない部分をしっかり確認・判断

根管治療が不十分な状態というのは、薬液が根管の先まで詰められていない状態や、治療跡が根の先から飛び出てしまっている状態です。そこで当院では、マイクロスコープを使用して根管の中まで見える状態で治療を行っています。
これは、「大切な治療だからこそ、差別なく、患者さますべてを平等に治療したい」という思いから実施しています。安全で確実な根管治療をご希望の方は、ぜひ当院にご来院ください。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、進行すると歯を失ってしまうこともある病気です。悪化して自覚症状が出るまでは、「自分には関係のない話だ」と思っていた患者さまも多いのですが、実は「約8割の日本の成人が歯周病にかかっている」という事実もあるのです。

歯周病の主な原因のひとつは、口の中の細菌が歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで増殖してしまうことです。細菌が繁殖することで歯肉に炎症がおこり、歯肉の内部や歯を支える骨にまで影響が広がっていくのです。

初期段階では自覚症状がほとんどありません!

歯周病が怖いのは、初期段階では自覚症状がほとんどないことであり、歯がぐらついたり、歯ぐきに痛みを感じる頃には、すでにかなり悪化しています。悪化させないためには、早期発見・早期治療が重要なので、自覚症状がない方も、数ヶ月に一度は歯科検診を受けることをおすすめします。

ぐらつく歯でも抜かずに保存治療

ぐらつく歯でも抜かずに保存治療

当院では、歯周病治療用の歯みがきによって、歯周病の原因となる歯石と歯垢を完全に取り除き、ぐらつく歯も抜かずに保存することを目指しています。それを実現するための具体的な治療法としては、レーザー治療、歯周病薬などがあります。
レーザー治療には、ezlaseTMという半導体レーザーを使用します。ezlazeTMは、歯科領域初の新波長940nmによって、根管内消毒、歯周病、歯内療法、小帯切除などの治療に威力を発揮する優れものです。
また、歯面に沈着したプラークや歯石などを除去するスケーリング(Tooth scaling)は、院長自らが丁寧に行いますので、安心してお任せください。

定期的なメンテナンスで歯周病を防ぐ
定期的なメンテナンスで歯周病を防ぐ
歯周病は歯を失う原因第一位の恐ろしい疾患です

歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどなく、気付いた頃には症状が進行していた…ということも珍しくありません。毎日ブラッシングしているだけでは取り除けない歯垢や汚れをメンテナンスで取り除くことが、歯周病や虫歯から歯を守る第一歩に繋がります。定期的に歯医者さんでケアを行い、自分の歯を守りましょう。

予防歯科

歯の健康を支えるあなたのライフパートナー

お気軽にご相談ください

0356105080

お問い合わせ

診療時間
9:30~13:00 images images images images images images images images
14:00~19:00 images images images images images images images images

…17:00まで 休診日…木曜、日曜

pagetop

pagetop